スポンサーサイト

  • 2015.12.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    borsch

    • 2011.10.14 Friday
    • 09:16
     ロシア料理のボルシチってありますよね。

    あの真っ赤な色の煮込み料理ね。

    あの色はビーツなんですよね、包丁で切ってるだけで手が赤く染まってしまうほど鮮やかな色です。

    そのボルシチを煮込んでいます。

    材料は牛肉、キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、トマト、ディル、ビーツ、サワークリーム、ニンニク、バター、こんな感じで、ビーツ以外はビーフシチューと似たような材料ですよね。

    牛肉は大きな塊を買って、これを大きめの角切りにしてじっくり時間をかけて煮込みます。

    しっかり煮込むとお肉が崩れるほど柔らかくなって美味しくなります。

    寒い夜には本当にあたたまります。

    こういう煮込み料理は時間はかかるけど、大きなお鍋に材料をどんどん入れて、ひたすら煮ていくだけだから、簡単なところもいいですよね。

    このね、ビーツ、赤い色が洋服やテーブルクロスに付くと落ちないから、食べる時は気をつけて。

    すぐに洗っても、うっすらとシミになって残るから。

    出来上がったら熱々のボルシチと軽くトーストしたマフィンを添えて、ゴーダチーズと一緒に食べるのがわたしは好きです。

    週末はボルシチ食べながらたくさん借りてきたDVDを観る予定。

    みなさんも楽しい週末を。

    Sprattus

    • 2011.09.15 Thursday
    • 10:14
     いつもは気軽にパブで飲むことが多いのね。

    イギリスにはパブはそこらじゅうにあるから。

    でも、時々落ち着いてスコッチが飲みたいときに行くバーがある。

    ロックアイスもちゃんとアイスピックできれいな球体に削りだしてコロンとグラスに入れてくれる。

    ちゃんとスキルのあるバーテンダーは所作もきれい。

    わたしはあまり飲まないけど、色鮮やかなカクテルを作っている時の手つきはもう鮮やかだし。

    で、このお店は結構常連さんになってるので、メニューとしては出さない美味しいおつまみや意外な美味しい飲み方なんかも教えてもらう事がある。

    先日聞いたのは、Sprattus これ、日本では多分オイルサーディンっていう缶詰のことで合ってると思うけど、まあ、オイルフィッシュのことですよね。

    大抵、長方形の缶でイワシの絵とか書いてあると思います。

    あれを、フタを開けたら缶ごと180度くらいのオーブンに入れて、中のオイルがフツフツしてくるまで焼くんです。

    これだけなんだけど、びっくりするくらい美味しくなるんですよね。

    家でやってみて、もう大好きになりました。

    それまでオイルフィッシュってわたしはあまり食べないものだったけど、これは美味しいです。

    缶ごとオーブンに入れて焼くだけ。

    ビールにもスコッチにもバーボンにもぴったりなおつまみになります。

    なんといっても嬉しいのは、簡単、洗い物がない、食べ終わったら缶は捨てちゃえばいいんだし。

    「あまりに簡単すぎて店では出せないけど、味は保証するよ」って言われたけど、本当でした。

    ぜひ、1回お試しあれ。



    BBQ

    • 2011.06.23 Thursday
    • 15:02
     庭にあるバーベキュー用の炉が大活躍の季節になりました。

    冬でも庭のバーベキュー炉で色んなものを焼いてましたけど、やっぱり夏はバーベキューの季節ですよね。

    お肉や野菜を焼きながらビール、もう最高です。

    わたしが大好きなのは、鶏肉をサルサソースに一晩漬け込んで焼いたもの。

    めちゃめちゃ美味しいです、もちろんビールとの相性も文句なしです!

    美味しかった。

    あとね、燻製も作ったりします。

    お肉でも、お魚でも、チーズや卵なんか、好きなものをスモークマシーンに入れて、燻製すると売ってるものより美味しい燻製ができるの。

    ずごく美味しいのでお勧めです。

    お腹いっぱい

    • 2010.09.27 Monday
    • 14:16
    いつも一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったり、サーフィンしたりする友達と週末にランチをした。

    地下鉄でCamden Townの駅で降りてBELGOへ。

    ベルギー料理のレストランです。

    友人が予約しておいてくれたので、良い席でのんびり楽しくみんなで笑ったり飲んだり食べたり。

    スイーツ文庫の尊敬する先輩作家様であり、読むと幸せになれちゃうステキなブログを書いてる日比野ことさんも言ってらしたけど、「食」って人と人を結びつけるすごいパワーがあるとわたしも思います。

    みんなで同じ物を食べて、楽しく話して、味わって、お腹の中へおさめていく。

    一緒に食べるとつながりが強くなる感じとか、親密になる感じ。

    そういう時間はカラダの栄養とココロの栄養と両方が自分の中に入ってくる感じがする。

    そして理屈抜きでみんなが楽しそうな顔になってるし。

    気がつくと夕方4時をまわってる、それでも尽きない話題と笑い声。

    手頃な値段と満足いく味とヴォリューム、ビールも美味しかったし、お腹いっぱいです。

    このカムデンタウンというエリアはオシャレでロックでパンクなロンドナーやお店が集まるところ。

    カムデンハイストリート沿いには楽器屋さん、洋服屋さん、アクセサリーショップ、クラブ、パソコンショップ、ジャンクショップなど色とりどりな店構えが並び、人通りも多くて、歩いてる人達はなんだかみんなオシャレ上級者さん。

    レストランを出たら外はもう薄暗くて、ロンドンの冬はすぐ暗くなっちゃうから。

    全員酒豪なので「ちょっと飲み足りないよね」という事で、お店を変えて飲み直し。

    クールなイケメンとセクシーボディの美人さんだけがいる、という評判のお店で飲み直しました。

    楽しい週末でした。

    評判は本当でした!

    BELGO

    • 2010.09.24 Friday
    • 19:35
    友人から電話があった。

    週末のランチはBELGOに予約を入れたよ、と。

    BELGOというのは、カムデンタウンにあるベルギーレストランで、ベルギービールとムール貝のワイン蒸しで有名なお店。

    カムデンタウンはお洒落なエリアでショッピングも食事も満足できるお店がたくさんある人気エリア。

    英語とフランス語が店内を飛び交ってます。

    いつもはビールとフライドチキン大好きなわたしですけど、ここに行くと、美味しい山羊のチーズとサーモンフィレのマスタードクリームソースのあるランチコースが大好物。

    お腹いっぱいになって£7 でおつりがくるお手頃プライスも嬉しい。

    食べて飲んで遊んで、充電する週末。

    ローズマリー

    • 2010.06.18 Friday
    • 00:17
    庭のローズマリーが年々大きくなって今では大きな株になっています。

    このハーブはとっても丈夫で極寒のロンドンの冬でも枯れることなく緑色の葉がいきいきとしていました。

    今、暖かい季節になってぐんぐん伸びています。
    2010y06m17d_163120078.jpg

    料理に使う時に一枝とってきて細長い葉をグリルなんかに使います。

    これは昨日のわたしの夕食。

    dinner.jpg牛肉に塩・黒コショウと一緒にローズマリーの葉を揉み込んで200度に余熱したグリルに入れて焼いただけなんですけど、美味しいんですよ。

    ミントの葉もたくさん育っているので、ミントソースを作って、上からかけて食べました。

    あとはトマト、キュウリ、ブロッコリーのサラダとビールで簡単にひとりの夕食。

    テレビを見ながら食べてお腹いっぱいです。

    両親が外出しているとテレビを観ながら気ままに食べられるので一人の夕食は結構好きです。

    家族揃って夕食のときは「食事の時くらいテレビを消しなさい」って言われちゃうので。

    マカロン

    • 2010.05.20 Thursday
    • 00:41
    父がお土産に買ってきたラデュレのマカロンを食べながら母とふたり、家でお茶しました。

    甘いものが好きな母は嬉しそうでした。

    我が家では、「出来るだけ家族一緒に夕食を取ろう」という父の希望がある。

    家族そろって夕食を取りながらその日の出来事を話したり、ラムチョップのミントソースの味がいいとか悪いとか、家族団らん的な時間を過ごします。

    そうはいっても、海外出張が多い父や友達からの誘いで出かけることが多いわたし、なかなか全員が集まって一緒に夕食を取ることが少なくなってきました。

    今日と明日は夕食は家にいるよ、と母に言ったら……

    「あら、残念ね。お父さんは今夜は遅くなるって。明日はお父さんと一緒に会社のレセプションへ出かけるのよ」

    そうか、タイミング悪いけど、今週はすれ違いばかりの我が家。

    来週はもうちょっと家族との夕食の時間を心がけたい、と思った午後でした。

    マカロンは子供の時からわたしが好きなお菓子だったので、父はよくマカロンを買ってきてくれる。

    大人になってからはこの甘いお菓子はそれほど魅力的なものではなくなったけれど。

    マカロン美味しかったよ、と父にメールしたりしました。

    スモークサーモン

    • 2010.03.26 Friday
    • 20:43
    塩漬けの紅鮭でスモークサーモンを作りました。

    スモーカーを庭に出して、ヒッコリーとかホワイトオークなんかのお好みの香りのウッドチップをブレンドして火をつけて煙を立たせたスモーカーに魚、肉、チーズ、ゆで卵とか入れて燻製するんです。

    大抵のものは燻製にできるみたいですね。

    わたしはスモークしたサーモンとチーズが大好きです。もうね、お店で売ってるのより全然美味しいから。

    チーズは熱で溶けないようにハードタイプのチーズを(エダムとかグリエールとかね)大きな塊で入れるといいですよ。

    グリエールとかエダムは丸ごと買うと2kgぐらいあるでしょ、あれを半分にカットしてスモーカーに入れて15分くらいスモークすると本当に美味しいスモークチーズができます。

    自家製スモークサーモンとスモークチーズを作ったら、もうこれは飲むしかないでしょ。

    自家製のスモークとスコッチ、これで喜ばなかった人をわたしは知りません。(笑)

    ワインがお好きな人ならワインとの相性も文句なしです。

    大きなサーモンとチーズがあっという間になくなります。

    何回か作っていると好みのウッドチップの薫りがわかってくると思います。

    うちではヒッコリーとオーク、それに紅茶の葉を少しとザラメ砂糖をまぜてスモークします。

    食べた時にいい薫りがします、ザラメを使うのはツヤを出すためです。

    煙を立たせるのでキッチンで作るのは無理だけど、お天気のいい日に庭で作ると簡単だし美味しいし後片付けも楽です。

    インディアンタウン

    • 2010.01.26 Tuesday
    • 22:45
    ロンドンのサウスソールエリアに久しぶりに行ってきた。

    ここはインディアンタウンで、インド料理のお店や食材店、インド映画だけを上映している小さい映画館とかインド風のカフェがある。

    このエリアの一角に学生の頃から知ってるインド料理のお店がある。

    時々すごく食べたくなるあの独特なスパイスの香りとキレのいい辛さ。

    特にすきなのはチキンマサラ!

    なんであんなに美味しいんだろう。

    ビーフシチュー。

    • 2010.01.17 Sunday
    • 20:11
    寒い夜に食べると美味しいのが煮込み料理ですね。

    牛肉と野菜をデミグラスソースで煮込んでビーフシチュー。

    デミグラスソースも時間があるので手作りします。

    赤ワインも入れて、じっくり煮込んでいきます。

    今、ちょうどロンドンはお昼だからこれから煮込めば夕食の頃には美味しくできあがっているはず。

    食べる時はお皿に盛りつけたら仕上げに上からサワークリームを添えて。

    美味しそうでしょ? 自分で書いてて早く食べたくなりました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    London

    「赤城モニカ」作品情報

    プティまり文庫『情熱のバイレ』

    『情熱のバイレ』 by 赤城モニカ
    スペイン伝統舞踊フラメンコ。今までメインダンサーの控えだった茜がある日突然ソロに起用される。動揺する茜に「必ずいいバイレにしてやる。全部まかせろ」と、プロギタリストの利武の一言が。官能的なギターに揺れるブラッソ。響くステップは挑発。切ないターンの誘惑。大人の恋は甘いだけじゃない。スペイン人を父に持つプロギタリスト利武と新人ダンサー茜の熱いラブストーリー。
    作品紹介ページへ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM