スポンサーサイト

  • 2015.12.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ワールドカップ

    • 2014.06.27 Friday
    • 17:16
    こんにちは、赤城モニカです。

    ブログの更新がしばらく空いてしまいました。

    この間、私はかなり忙しく過ごしていました。

    夫が出張でドイツに行ったり、中東に行ったりしていたので、わたしも一緒に行ったり来たりしてロンドンと海外を往復してました。

    サッカーのワールドカップが始まっていますね。

    日々熱戦が繰り広げられています。

    この時期のブラジルの気候の高温多湿は選手達にはかなりの負担だと思います。

    それにしても、それにしてもですよ、前回王者のスペイン代表の試合はあまりにも情けないですよね。

    まぁ、イングランドもリーグ戦敗退なんですけど。

    日本も監督の采配にとっても疑問がありました。

    どうであれ、サッカーは勝たないと意味がないのです。特にワールドカップではね。

    国の代表という意味は、どういうことか、プライドをかけた戦いなんだということをしっかり自覚できないなら、代表メンバーの資格さえないという事です。

    ワールドカップに関しては、試合内容よりも勝ち負けのほうが大事なんです。

    本来、勝たなければいけない試合をあっさり負けたり、リーグ最下位なんて責められて当然だし、選手はその事の大きさを理解するべきですね。

    そもそも、サッカーは野球やバスケットボールとは違って、単なるスポーツ以上の意味がある種目だということを選手は自覚すべきです。

    その意味では今回の大会、注目したのはアメリカとコスタリカです。

    試合の内容は華麗なプレーはないし、どちらかというとカッコ悪いとさえ言えるゲーム内容だったけど、勝つことに貪欲さがありましたよね。

    結果、リーグ戦突破し、国旗を背負って戦う戦士達の姿が見えました。

    見ていてその戦いぶりに感動さえ覚えました。

    そういう戦いがワールドカップなんです。 オリンピックとは次元が違うんです。

    言い訳するひまがあるなら、勝ち点取りに行け!といいたい試合がたくさんありました。

    決勝トーナメントに残ったチームには、見る者を納得させる試合を期待しましょう。








     

    スポンサーサイト

    • 2015.12.01 Tuesday
    • 17:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      London

      「赤城モニカ」作品情報

      プティまり文庫『情熱のバイレ』

      『情熱のバイレ』 by 赤城モニカ
      スペイン伝統舞踊フラメンコ。今までメインダンサーの控えだった茜がある日突然ソロに起用される。動揺する茜に「必ずいいバイレにしてやる。全部まかせろ」と、プロギタリストの利武の一言が。官能的なギターに揺れるブラッソ。響くステップは挑発。切ないターンの誘惑。大人の恋は甘いだけじゃない。スペイン人を父に持つプロギタリスト利武と新人ダンサー茜の熱いラブストーリー。
      作品紹介ページへ

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM